categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

recommend

できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

日本人が愛したパナマ野生蘭(再掲載)

日本人が愛したパナマ野生蘭
(再掲載)
(すみません。前回掲載のこの記事ですが、手違いで消してしまいました。記録の上でも再掲載した方が良いので再投稿しました。文章に違いが在りますが、内容は同じです。)

   APROVACAに派遣されているJICA青年海外協力隊員木村歩美さんの「日本人が愛したパナマ野生蘭」が日本パナマ友好協会機関紙「パナマ」第23号に掲載されました。ご覧ください。


千葉大学とパナマ大学の取り組み

千葉大学とパナマ大学の取り組み

今後の計画に期待!

   千葉大学は2013年以来、パナマ共和国と野菜の植物工場による栽培などバイオテクノロジーを活用した技術協力に取り組んできました。パナマで開催された植物工場シンポジウムへの参加、パナマ科学技術振興会会長の千葉大学視察などの実績を積み上げた結果、2015年には文科省公募事業「大学の世界展開力強化事業〜中南米地域〜」に千葉大学のプログラムが採択され、パナマ大学及びパナマ工科大学と大学間交流協定を締結しました。以降研究者・学生が積極的に交流を続けています。本プロジェクトの推進には駐日ディアス大使の仲立ちが大きな力になりました。
   本年度もパナマ大学及びパナマ工科大学の研修生6名と教官2名が来日し、千葉大学における研修や各地の野菜工場における研鑽を積み、3月6日に千葉大学柏の葉キャンパスにおいて最終報告会が開催されました。
   千葉大学とパナマ大学は今後、絶滅が危惧されるパナマの野生ランの保全にもこの技術を活用することを計画しているそうです。


秋のイベント 2017

 

 

 

秋のイベント情報

 



秋の到来とともに皆さんの「それぞれの秋」も爆発している事でしょう。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・。
そこに、「グローバルにガンーバルの秋」を加えてみませんか?
そんなあなたに二つのイベントをお勧めします!
 

グローバルフェスタJAPAN

2 0 1 7


開催日:9月30日、10月1日
パナマOV会が出店します。COSPAもOV会のブースに出品したいと思います。

詳しくは http://gfjapan2017.jp/press.html


フェスティバル

ラティノアメリカーノ 2017

チャリティーバザー


開催日:10月30日
開催場所:東京プリンスホテル
入場券:2000円
(パナマ大使館e-mail:embpanamajapan@mire.gob.paに
申し込んでください。)


「Cafe y Libros 特別トークイベント」のご案内


Cafe y Libros 特別トークイベント



「ラテンアメリカと関わって輝くシルバー世代」


シリーズ1:パナマのランとの出会い

パナマ国花

   長寿を謳歌する現在の日本社会において、多くのシルバー世代が各分野で活躍する時代になりました。 Cafe y Librosでは、特に「ラテンアメリカとの関りで前向きに輝く日々を送っておられる方々」にお話を伺う イベントを企画いたしました。ゲストの方にはどのようにラテンアメリカとの関りが始まったのか、そこから得られる面白さや喜びなどを語っていただきます。

   第一回目は、中米パナマのランと出会い、今もかかわりを続けている明智洸一郎さんにお話をしていただきます。めずらしいランの写真もご紹介いただけます。パナマの持つ魅力に触れる良い機会にもなるでしょう。 パナマコーヒーと手作りおつまみもどうぞお楽しみください。


日時:4月21日(金)19:00〜20:45
会場:カフェ・イ・リブロス
ゲスト:明智洸一郎氏
野生ラン保護活動の指導のため、2000年より2年間パナマ在住。その後もエコツアーなどの企画を通して指導を続けている。NGO「パナマ野生ラン保護活動(COSPA)」代表。保護活動における業績が高く評価され、2014年パナマ共和国よりマヌエル・アマドール・ゲレロ勲章を授与される。





参加費:2000円 (コーヒー・おつまみ付き)

定員に限りがありますので、ご予約はお早めに!

Cafe y Libros
info@cafeylibros.com
TEL: 03-6228-0234

「定年からの国際ボランティア」講演会

   明智代表が世田谷の美術館で講演をすることになりました。



定年 からの


国際ボランティア

〜野生ラン保護活動・パナマでの二年とその後〜


   11月20日(日)14時から世田谷区奥沢の世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館で講演をします。
   奥沢・玉川田園調布ゆかりの人物として宮本三郎記念美術館から講演依頼が来ました。美術館からの依頼は初めてかと思われます。新しい場所でCOSPAの活動を広める為に、みなさんで参加しましょう。
   詳しくは下のチラシを参照してください。

お問い合わせ:世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館イベント係 03(5483)3836
       <http://www.miyamotosaburo-annex.jp/event.htm>


パナマ・デ―

   JICA地球ひろばで、広くパナマ共和国の事を知ってもらおうというイベントが行われることになりました。



パナマ デー

☆☆ 2016 ☆☆



   大統領が来日したり、文書が出たり、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチで日本人の内山選手からチャンピオンを奪ったり、バナナの危機に陥れる病気に名前が付いていたり…と今、何かとパナマの名前を耳にしますが、この機を逃さずパナマの良いところをたくさん紹介しちゃいましょう。
   お知り合いの方を誘って、ちょっとだけ南国パナマの風を感じましょう。


   お問い合わせは、
      日本・パナマ友好協会
      (nipponpanama.association@gmail.com)まで。


国際交流団体プレゼン!in世田谷

  世田谷区内の団体の活動の発表の場である「国際交流団体プレゼン!」にて、COSPAが活動報告をすることになりました。



国際交流団体プレゼン!

in世田谷



  世田谷区内の国際交流に関わる団体の活動の発表の場、及び市民の方々との交流の場として実施される、「国際交流団体プレゼン!」にて、COSPAの明智代表が「どうすれば守れるか、絶滅が心配される野生ラン」と題しを講演を行います。

  当日は、他の区内の国際交流・国際協力に携わる団体が団体や活動に関するプレゼンが、講演形式、歌や踊り等の各国の文化紹介、演劇上演などにより行われます。また、プレゼン終了後には交流会行われ、団体同士や、区民の皆さんとの交流のひと時が持たれます。身近にある国際交流の窓口を覗いてみませんか。
  会場内に資料コーナーでは、2015年発行の「活動団体ガイドブック」や、当日参加できなかった他団体の資料を設置されます。

第吃
13:10−13:40 新潮劇院
13:50−14:20 COSPA   ←☆ここで明智代表が講演します。
14:30−15:00 Inseki Project
15:10−15:40 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
第局堯仝鯲会
16:00−17:00 来場者全員

  入場料は無料です。

日時 2016年3月27日(日)
   午後13:00〜17:00

会場 北沢タウンホール 3Fミーティングルーム(北沢区民会館)
   〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-18 ※下北沢駅より徒歩4分
   03−5478−8006

事業名 『国際交流団体プレゼン!in世田谷』
international-exc-setagaya.jimdo.com

地球市民セミナーにて

  来年2016年1月30日(土)に行われる地球市民セミナーにてCOSPAが講演をすることになりました。

 
なぜパナマ?なぜ野生ラン保護?

そして私たちのエコツーリズム

講演者:平田朱美







セミナーでの、活動実践団体による事例紹介の中で
・COSPAの「パナマでの野生ラン保護活動とエコツーリズムの導入」
の講演があります。

誰でも参加できますので、興味のある方はどんどん出席しましょう。
詳しくは、上のチラシの連絡先まで。


今月のラン<9月>

APROVACAホームページの「今月のラン」の紹介をします。



9月のラン


Espiritu santo

Peristeria elata



 




Peristeria elata


   Peristeria属 は中米南部からブラジルまでに11種が分布する。地生または着生の大型のラン。

   Peristeria elata の特徴
   本種はパナマ共和国の国花で、Espíritu santoと呼ばれている。
   高さ12僂肪する卵形の偽球茎と長さ1mにもなる4枚の葉を生ずる。高さ1m以上の花茎にマーブルホワイトに紫色のスポットがあり、香りの高い花が4から12個花が付く。花の中心部は鳩の形をしている。パナマではかつて山岳地帯の熱帯雨林にたくさん自生していたが、花が大変美しいために人々が自生地から持ち出し、今や絶滅の危機にある。このランはワシントン条約の絶滅危惧植物のリストに挙げられている。
   APROVACA ではオーナー制度でこのランを絶滅の危機から救う活動を行っている。


今月のラン

APROVACAホームページの「今月のラン」の紹介をします。



     今月より、APROVACAのホームページの「今月のラン」のコーナーの解説の原稿を明智代表が作成することになりました。そのついでと言ってはなんですが、COSPAのホームページでもこの季節にパナマで咲いている野生のランを「今月のラン」の記事で紹介していこうと思います。


7月のラン


Lockhartia



 




Lockhartia


   Lockhartia はメキシコ南部、カリブ地域からブラジル南部、即ち中米・南米に約30種類が分布する着生ランの属である。世界的に他の地域では見ることが出来ない。
   Lockhartia obtusata はパナマ固有種で、唯一この国にしか分布していない。

   Lockhartia obtusata の特徴
   偽球茎を持たず、年中成長を続ける細長く平たい茎を持つ。茎は扁平で、折り重なった、短く三角形の葉によって完全に覆われている。花序は短く、茎の先端から順に、少数の花をつけ葉のわきから出る。花は黄色で赤い斑点がある。萼片は細長く、花弁はやや大きい。唇弁は長く、複雑に分かれ細く立ち上がった側萼片を持っている。


| 1/16PAGES | >>