categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

recommend

できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

2015年パナマエコツアー参加者募集



  2015年4月6日〜4月14日(9日間)パナマ共和国パナマ市・パナマ市歴史保存地区・パナマ運河・ソベラニア国立公園・サンブラス諸島・エルバジェ デ アントンなどを回り、パナマの自然と歴史・民族などを訪ねるエコツアーを企画しました。尚、このツアーは旅行会社の企画するグループツアーではなく、参加される皆様の個人の希望に従って企画を進めます。ご希望があればご相談ください。積極的なご参加をお待ちしています。

旅行予定と訪問予定:
日付
滞在地
内容
4月6日(月) 成田発
パナマシティー着
19:15シンガポール航空でロスアンゼルス経由、コパ航空でパナマシティーへ
08:02着、市内観光
【宿泊】ビクトリアホテル、または市内の同等ホテル
4月7日(火) パナマシティー ホテル朝食後、市内観光
訪問先:パナマ・ビエホ、カスコ・ビエホ、アマドール、ミラフローレス閘門ビジターセンター、 夜は、民族舞踊ディナーショー(レストランLAS TINAJAS)
【宿泊】ビクトリアホテル、または市内の同等ホテル
4月8日(水) パナマシティー→サンブラス 早朝、ホテルチェックアウト、ホテル出発(大きな荷物はホテルに預ける。) 国内線アルブルック空港より、サンブラス行きの小型飛行機で出発(飛行時間:約1時間)
サンブラスUCHUTUPU飛行場に到着、ロッジスタッフの出迎え、ボートでロッジに移動
午前・午後、一回ずつロッジ主催のツアーあり(クナ族集落訪問、無人島での海水浴、 マングローブ林ツアー等、天候などの事情で内容は異なる。)
【宿泊】ドルフィンロッジ、または同等ロッジ
4月9日(木) サンブラス サンブラス終日観光 (モラなど購入ができます)
ロッジのアクティビティーまたは自由行動
【宿泊】ドルフィンロッジ、または同等ロッジ
4月10日(金) サンブラス→パナマシティー→エルバジェ 早朝、朝食後ロッジ出発。小型飛行機にてサンブラス発パナマシティーへ。 預けた荷物をピックアップし、チャグレス国立公園先住民エンベラ村、 ソベラニア国立公園訪問、夜、エルバジェホテル到着
【宿泊】B&B パーク・エデン
4月11日(土) エルバジェ エルバジェ終日観光
セロ・ガイタール自然保護区、APROCAVA訪問(APROVACAで昼食後、園内見学)、 温泉(Pozos Termales)へ、夕方、ホテル帰着
【宿泊】B&B パーク・エデン
4月12日(日) エルバジェ→パナマシティー エルバジェ終日観光
岩絵、マチョの滝、四角い木など見学、APROVACAで昼食、エルニスペロ動物園(黄金のカエル)、 サンデーマーケットで民芸品買い物後パナマシティーへ
【宿泊】ビクトリアホテル、または市内の同等ホテル
4月13日(月) パナマシティー→ロスアンゼルス 早朝ホテル出発、空港へ
08:06コパ航空でロサンゼルス経由、
15:45シンガポール航空で成田へ
4月14日(火) 成田 19:15成田到着 

費用(予定):

日本から参加する方 :35万円(往復の飛行機運賃、燃油サーチャージ、パナマでの交通費、ホテル滞在費、食事代、 チップなどを含みます。嗜好品、特別メニューなど個人的費用は含みません。 パスポート取得や米国のVISA・ESTA取得は別途代金がかかります。)
パナマで参加する方 :US$1,700(交通費、ホテル滞在費、食事代、チップなどを含みます。 嗜好品、特別メニューなど個人的費用は含みません。)


言語とお金:

  スペイン語が使われています。パナマシティーやホテルでは普通英語も通じます。 原則として日本語ガイドがつきますので言葉の心配はありません。 お金はアメリカドルがそのまま使えます。多くの店ではVISAなどのクレジットカードが使えます。 (TCは使えません。)


参加申し込み:

  12月31日までにCOSPA・明智までお願いします。
  住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-10-13  明智 洸一郎
  電話&FAX:03-6385-2811
  メール:akechi@h06.itscom.net

 
参加申込書
参加申し込み人数
お名前
連絡方法
パスポートの有無 有(有効期限:              )  無

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック